教 育

1927年、日本語学校が設立され、日本語教育が開始された。世界大戦の勃発に及んで、
他の日本語学校と‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍共に、閉鎖没収された。戦争が終息して返還されるまでの間、各家庭を巡回、教授を行っていた。

コルドバ市では伏見家と上原家同居の家が日本語学校となった。
上原清利美がコルドバ日本人会の幹事であったとき、没収されていたものが変換された


1940年、コルドバ市にて。
伏見フリオ氏とアルフォンソ氏の送別会。
彼等は勉 学の為、日本へ出発した。当時は、
子弟達(子供達)を日本語と日本文化修学の為、
日本へ送ることは、普通であった。残念ながら、その後、
戦争が勃発し、日本へ行った子弟達(子供達)は、
身動きがとれない状態となり、戦後、初めて亜国への
帰国が許された 左より:大城守一、上原松太郎、
藤井精四郎、上原清正、大城、玉城福太郎、
上原清利美、山岸新作、大島俊一、比嘉徳栄、
宮城信光

 

 

 

1942年、コルドバ日本人会創立10周年記念。
日本とアルゼンチン両国の国旗を手にして踊る児童たち。
後列中央:宮城信光校長左より:上原エミリア、恵美子、
上原ロサ、良子、大城守徳、上原フリオ、清昭、玉城芳子、
玉城アマリア、藤井オラシオ、上原テレサ、照子
当時の日本語学校は、トゥクマン街242番にあり、
民家を使用していた。この家 には、伏見秀次一家と
上原清利美カフェー横浜の店員が住んでいた。

 

 

 


1942年、コルドバ日本人会創立10周年記念。
日本とアルゼンチン両国の国旗を手にして踊る児童たち。
後列中央:宮城信光校長左より :上原エミリア、恵美子、
上原ロサ、良子、大城守徳、上原フリオ、清昭、玉城芳子、
玉城アマリア、藤井オラシオ、上原テレサ、
照子当時の日本語学校は、トゥクマン街242番にあり、
民家を使用していた。この家には、
伏見秀次一家と上原清利美カフェ
ー横浜の店員が住んでいた。


1942年、コルドバ日本人会創立10周年
記念祝賀学芸会e左より:玉城よし子、
上原エミリア、上原テレサ、玉城アマリア

 

 

 

 


1942年コルドバ市 式に参加していた
人達といっしょに記念写真におさまる。

 

 

 

 

 


1949年(昭和24年)、コルドバ日本人
会運動場聖紀園。戦争中政府に没収されていた
運動場が返還された日。ブエノスアイレスから南魚座同人が、
多数参加。会長 比嘉繁助、幹事 上原清利美(38歳)、
在亜日本人会会長西本四郎、高市繁、武田杜人、
タマ夫妻も参加。

 

 

 


1949年コルドバ市(昭和24年)、
コルドバ日本人会運動場聖紀園日本人会運動場の門、
当日は記念式典があった為、木の枝で飾られた
日亜両国国旗が掲げられた。

 


1949年コルドバ市(昭和24年)、
コルドバ日本人会運動場聖紀園、
ビジャ・フォレスティエリの日本人運動場の開場式で
挨拶する会長上原清正氏。参加者は記念演説を
聴聞中である。コルドバ日本語学校の生徒は
夏休み期間、この運動場の宿舎で夏期合宿をしていた。

1949年コルドバ市、ビジャ・フォレスティエリの
日本人運動場の開場式で挨拶する会長上原清正氏。
参加者は記念演説を聴聞中である。
コルドバ日本語学校の生徒は夏休み期間、
この運動場の宿舎で夏期合宿をしていた。

 

1949年(昭和24年)、
コルドバ日本人会運動場聖紀園運動場で
愉快に会談する塩沢長助氏(在亜日本人会幹事)、
新宅隆一氏(亜国日報社社長)とコルドバ
市日会幹事の大城守一氏。

 

1949年(昭和24年)、コルドバ日本人会運動場聖紀園ビジャ・フォレスティエリ.

1950年コルドバ市の県庁にて 
アルゼンチンコルドバ日本人委員会は、
コルドバ日本人会運動場が返還された感謝のお礼に、
県知事ノレス・マルティネス氏を県庁に公式訪問した。
藤井精四郎(佐賀県出身)比嘉繁助(名護出身コルド
バ日本人会会長)小山三郎(静岡県出身)上原清
利美(コルドバ日本人会幹事)一人おいてノレスマ
ルティネス県知事および官職者達

1950年6月13日 コルドバ市 サルミエント公園内 
コルドバ日本語学校教師であった森田良雄氏の
送別の記念に撮った。左から 大城吉義、森田良雄、
永村清貞、古波蔵森督、上原清利美

1990年、日亜学院、ブエノスアイレス市。
上原清利美(87歳)の孫である上原マリーナ、
みきちゃんが当学院の幼稚園に入園。

UP